半導体はどういった物なのか

電子機器を取り扱っている人であれば、耳にしたことがある言葉として半導体があります。では実際にどういった物なのかですが、まず電気の流れに関する物質となります。まず電気自体を通しやすい物質の事を導体といいます。電気をとてもよく通す物としては金や銀に銅やアルミのほかに、鉄やクロムなどがあります。逆にまったく電気を通さない物質のことを絶縁体と呼ばれています。まったく電気を通さない物質としては、ガラスや天然ゴムに陶磁器やセラミックに油やプラスチックなどがあります。半導体とはその中間の性質を持っている物となります。本来であれば中間の性質を持つ物質を表す言葉でしたが、最近では性質を利用して作られた電子回路の事を表す言葉となっています。では実際に物質で半導体の性質を持つものとしては、シリコンなどが代表的な物質となります。

半導体の型にはn型とp型があります

半導体とは、通常の金属である良導体とゴムなどの絶縁体の中間的な抵抗率を持つ物質のことです。熱や磁場、電圧等の影響で電導性が変る性質を持っています。通常、温度が上がると電気伝導性が増しますが、温度が上がり過ぎると抵抗発熱等の影響で熱暴走が発生します。半導体と金属、半導体同士を接触させることで様々な非オーム性抵抗が得られます。型にはn型とp型があります。n型とは電圧が掛けられると伝導電子や自由電子とほとんど自由な電子と呼ばれている電子の移動で電荷が運ばれるタイプです。例えばシリコンの結晶にヒ素の原子を混ぜるなど、より価数の高い原子を足すことでn型になります。p型は電圧が掛けられると正孔の移動によって電荷が運ばれるタイプです。例えばシリコンの結晶にホウ素の原子を混ぜるなど、より価数の低い原子を足すことでp型になります。

半導体はどういった物に使われているのか

電気をより通す物質である導体と、電気を全く通すことがない物質である絶縁体のちょうど中間の物質であるのが半導体となっています。ですが最近は中間の性能をもった電気部品のことを半導体として呼ばれるようになっています。では実際にどういった場所に使われているものなのかですが、生活している身近な所に多く使用されています。一番身近な所で言えば携帯電話となります。以前まではガラケータイプが多かったですが、最近ではスマホタイプが主流となっています。そのどちらのタイプにも使われています。そのほかに身近な家電としてはテレビやDVDデッキにパソコンやカメラなどにも利用されています。ゲーム機でも大きな活躍をしているのが半導体となります。電子機器が正常に動くために使われており、人でいう脳と同じような役目をして多くの電化製品で使用されています。

ロチェスターエレクトロニクス社の正規代理店です。 MOUSER社の正規代理店として400万点以上の製品を取り揃えております。 在庫からの出荷の場合、当日15時までにご注文いただければ即日出荷いたします。 仕入れを当社一本にすることで大幅なコスト削減が実現します。 リピート注文も自動発注や手動発注ができます。 半導体・電子部品のオンライン販売サイトとして多くの信頼と実績がございます。 半導体の購入をお考えの方は、ザイコストアへ